建設業許可を取りたいとお考えの建設業者の方へ、長崎スピード建設業許可が「建設業許可」についてわかりやすく説明します。

ここでは、あなたが建設業許可について、理解しておくべき5つのことをご説明したいと思います。

1.そもそも建設業許可とは?
2.大臣許可、知事許可の違いとは?
3.一般建設業、特定建設業の違いとは?

4.建設業の業種とは?

建設業の許可は、29業種に分かれており、業種ごとに許可を受けることが必要です。

建設工事の種類

  • 一式工事(土木一式工事、建築一式工事の2種類)
  • 専門工事(一式工事以外の27業種)

一式工事とは?

一式工事とは「総合的な企画、指導、調整」のもとに土木工作物又は建築物を建設する工事です。
工事の規模、複雑性等からみて「総合的な企画、指導及び調整」が必要であり、個別の専門工事として施工することが困難である工事になります。
基本的に、元請業者の立場で、総合的にマネージメントする事業者向けの工事になります。

一式工事は、オールマイティの許可ではない!!

勘違いしている方も多いのですが、一式工事があれば、他の個別の専門工事の許可が必要ではないということではありません。

専門工事について

専門工事に分類される工事を請け負うためには、各専門工事の許可を受ける必要があります。
なお、許可を受けた建設工事に附帯して生じる他の業種に属する工事は、請け負うことができます。

【注意】一式工事と専門工事は全く別の許可業種!!
一式工事の許可を受けた建設業者でも、500万円以上の他の専門工事を単独で請け負う場合は、その専門工事業の許可が必要となります。

まとめ
通常であれば、初めて取る建設業許可は「一般建設業の長崎県知事許可」になります。
また、選択する29業種においては「今まで自分の会社で行っていた工事に該当する業種」を選択することになります。
資格を持たれている方がいらっしゃる場合は、その方の資格で取れる業種はすべて取ったほうが良いです。

関連記事

TOP